怖い話

f:id:ueyuu0914:20181205090025j:plain:w200

ベランダの洗濯物干し

壁掛けタイプか天井掛けタイプか選べました。

天井掛けタイプを選びました。


おはようございます。ユウです。


ごめんなさい🙇一度きりですが、ここで急に怖い話書きます。


苦手な方や不快に思う方はご覧にならないで下さい。


自己責任

あらかじめお断りしておきますが、この話が読まれた事でその後何がおきても保証しかねます。

*自己責任の下で読んで下さい。

*保証、責任は一切持ちません。


これは私が学生の頃の話です。


私が住んでいた所で有名な建物があります。


その建物は、ある学生さんが飛び降り自殺したという噂がありました。


私はクラスの中でも一番最初に運転免許を取得したこともあって


よく遠出の時には色んな人からアシとして呼ばれました。


その時あるグループから


心霊スポットに行く誘いがありいつものように出かけました。


私自身そういう場所は嫌いではなかったですし


非科学的なものは信用しないタイプなので


「盛り上がればいっか」ぐらいのつもりで気軽に付き合いました。


行った場所は、地元では特に有名な場所でもなく


「こんなとこあったんだ。」くらいの感じでしたが


友達が親父とマラソンしていた時に偶然見つけた場所で


周辺には何もない、ただただ道路があって草むらが広がっているような場所です。


その一区画に立ち入り禁止になっていて


鉄の門で閉じてある場所がありました。


友人は「なんで家もない、何もない場所が立ち入り禁止になっているのか」


といつも思ってたそうです。


そこに行くことになりました。


夜はもちろん街灯などない場所です。


その場所に着いたのですが、確かに違和感があって


「何か気持ち悪いな」と感じます。


一人が怖気づいたのか「やめようぜ」


と言ったのを覚えています。



若気の至りか気にせず、皆


門を飛び越え入っていきます。


どんどん奥へ進んでいくと心なしか道が広がっていくような気がします。


友人が何か発見しました。


電柱?何本か数メートル間隔で立っています。


「家ないのに?」・・・


さらに進んでいくと


鳥居のようなものが大中小と3本立っている場所があります。


さすがにこれ「ヤバいあんに?」と友人。


少し躊躇してライトで先を照らすと


何か洞窟ようなものがあります。


そして、その入り口に木の枠が立っているのですが


その枠に昔の日本の国旗の模様なようなもの


が見えるのですが、ここで1人が


「本気でヤバい!止めとこう!」と


でも、せっかくここまで来たんだからと進もうとしたその時


「トゥルルルル。」


大音量で友人の携帯が鳴ります(笑)


「しかます!」(沖縄語の驚くの意味)


皆、笑ってましたが


友人の電話の感じがただ事でない様子。


私も友人の横で、携帯から漏れる音で聞いていたのですが


何やら弟からの電話で


「今家が大変な事になっているから至急帰ってきてと。」


すぐ切れて、かけ直しても繋がりません。


何事かと探検は中止して友人の家に飛んで行きました。


友人が玄関入っていって


「○○!←(弟の名前)大変な事って何か?」と聞いたら


弟出てきて「はぁ?俺そんな電話してないぞ!」と


皆一瞬で凍り付きました・・・


そして、その数日後・・・


友人の弟がある建物から飛び降りました。


電話が掛かってきた友人の弟・・・


遺書もなく原因不明です。


皆様、覚えているでしょうか?


冒頭で書いた自殺の噂のある建物。


私の祖父母にこの事を話すと、かなり叱られましたが


地元でも有名な霊媒師の元に友人と連れてかれました。


この話を信じる信じないは個人様の自由です。


霊媒師の方に「この話はなるべく人に話さないように」と


言われ今まで来ましたが急に書きたくなりました。


たぶんあの場所に興味本位で行かれるのを恐れたからだと思います。


もしかしたら本当に行ってはいけない場所というのが


日本あちこちに存在するのかもしれません・・・。