土台検査

f:id:ueyuu0914:20181123112354j:plain:w200

寝室のワンポイント壁紙(クロス)です

ワンポイントの

壁紙は無料でした✨

茶色っぽい色を選びました。


下の記事上げて編集しております。


前の記事に続き


第三者建築機関


建物検査の事を


書いていきたいと思います。


家を建てる前に


建築のことを2.3か月程


仕事の合間に


勉強しましたが


勉強したと言っても素人です😅


建築費かなり安い方だと思うので


正直不安で


建てた会社と繋がりのない


第三者建築機関検査を依頼しました


今日は土台の検査について


ざっくりではありますが、書きます。


その前に、検査機関さん丁寧にも


基礎が出来上がって


固まってたので


基礎の出来具合についても


検査していただいていたようです😄



「基礎にひび割れ、ジャンカなど確認しましたが

問題なかったので次の検査移りたいと思います」


と言われました👲


まず、土台と基礎の間の


基礎パッキン(基礎への湿気を防ぎ建物の耐久性を向上させる)


の位置や抜けがないか


タイプの使い分け(通気、気密)ができているか


隙間はないかなど


細かく観ていただきました👲


次に、アンカーボルトの緩み


ズレがないか


適切な位置に設置されているか


確認していただきました👲


土台に使われている樹種や


寸法なども問題ないか


確認していただきました👲


土台だけでなく


根太、大引き、束なども同様


細かくチェックしていただけます👲


基本的に1階の床組みが


図面通りミスがないか


仕様書通りいい部材を使っているか


一つ一つ確認、説明していただけました👲


次に、床の断熱材の厚みの確認


気密テープがきちんと貼られているか


隙間がないか


床材がJISの認定を受けていて


いい部材を使っているかを


観ていただきました👲


最後は、きちんと保護シートというものを貼って


上棟まで床組みを保護するよう


現場に指示をしておりました👲


検査会社から建築会社に


指摘箇所はいくつかあったものの


「他の工務店さんやハウスメーカさんに比べて

床の断熱性能に配慮されている印象を受けた」


と言っていただき


とても安心しました😌