構造チェック

f:id:ueyuu0914:20181125130718j:plain:w200

カウンターテーブルの横にある

収納スペースを使って

本棚にしてあります。

本棚下の本立ては

百均で購入しました。


下の記事上げて編集しております。


おはようございます。ユウです。


土台、床組


チェックが終わって


次は構造チェック


書きたいと思います。


このチェックは、私が独自で頼んだ


第三者建築機関の検査です。


建築会社さんの


検査工程ではありません。


詳しい経緯については


前記事の安くてもいい家をご覧ください。



この構造チェック


結構項目が多くて


書くと長くて


読むのが疲れてしまうので


またざっくり


書きたいと思います😅


建築に詳しい方


ざっくりばかりで、ごめんなさい。


まず、階高が図面通りか


寸法が正確か


床が水平かなど


専門の機械を使って


見てもらいました。


木造住宅なので


品質のよい木材が使われているか


防腐、防蟻措置、施工範囲は図面通りか。


柱、梁、小屋組み


位置、樹種、寸法は図面通りか


あとは、含水率は高くないか。


金物など、種類、位置に問題ないか。


金物に使う


ビスの種類や


不足がないかまで観てもらいました。


他にも分類がたくさんあって


専門用語が並んでますが


私ではよくわかりません(笑)


検査前に、検査の方に


「何か気になる箇所はありますか」と聞かれて


何と言えば


正解か分からなかったので


筋かいをよく観ておいて下さい」


といいました(笑)


検査員の方、適当でごめんなさい。


さすがに苦笑いでしたね。😅


ここのチェックについては


検査機関による


指導や訂正箇所が


多いように思えました。


もし、第三者建築機関


に依頼しておかなければ


そのまま建ってたかと思うと・・・


安いなりの家だったかと思います。