外構工事の師匠

f:id:ueyuu0914:20181119214808j:plain:w200

洗面所の床材です。

トイレと同じように

洗面所もアジアンテイストにしました。

妻に感謝です😌

クッションフロアになっております。


私のブログを見て、もし外構工事を自分でやりたいと思った方に


知っておいて欲しい事があります。


以前、記事で書いた外構工事22万円


で登場した人情のオジさんから教えてもらった事です。


外構工事をするにあたって欠かせないのが砂利です。


駐車場の施工をするのに


コンクリートにするにも私は下地に砂利を敷きました。


駐車場全体を安い砂利でいいという方もみえるでしょう。


もし、砂利を仕入れるなら建材屋さんがオススメです。


家を安く建てるにあたって


自分で外構工事をするのは経費削減になりますが


ホームセンターやネットで砂利を仕入れると結構、高額になってしまいます。



そこで、砂利を大量に安価で購入できます。


なかなか一般の方が建材屋さんに馴染みがなくて


入りにくい方もいるかもしれませんが


個人にも売ってくれます。


建材屋さんでは立米という単価で話すとスムーズです。


立米建材屋ネット検索すると


詳しい説明が出てくるので、興味のある方は調べてみて下さい。


自宅に必要な砂利の量の計算方法についても


ネット検索で出てくるので、自宅の駐車場にあった量を計算して注文するのがいいと思います。


私は自宅周りや、アプローチ(駐車場から玄関まで)(外構門から玄関まで)


も砂利を敷きましたので、少しいい砂利を購入しました。


それでも1立米、8千円で購入して配送料込だったのでお得でした。


砂利の大きさや質によって変わってくるので、何とも言えませんが


だいたい1立米1600キロとあるサイトで見たので


どれくらいお得かはホームセンターで売ってある砂利と比べてみるといいでしょう。


ただ、建材屋さんは砂利の種類が少ないので


お洒落なエクステリアで外構という感じではなく


ご自身で「気に行入った砂利があれば」という話になりますが、


一般的な駐車場、雑草対策として考えるなら


建材屋さんに是非一度お立ち寄り下さい。


砂利を安く購入できた事で


前記事の外構工事費用22万円というのが実現できました。


経緯について興味があれば、前記事の外構工事22万円をご覧ください。